山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(3つの選択肢)

ある提案を受けた時、取りうる方針としては

・提案通りそのままやる
・提案を一部変更してやる
・やらない

の3種類がある。

もちろん詳細は個々のケースによりさらに検討する必要があるが、頭の片隅に置いておけば選択肢の方向性を考える際に助けになるだろう

言葉のかけら(変えたい気持ちをグッとおさえる)

時間オーバーだとタスクの順番をつい変えたくなるが、これは「自分自身への割り込みタスク」になり、集中力の消費が意外に大きい。

朝に計画を立てたら、あとは午後イチ、3時頃など「タスクの順番(場合によっては延期タスク)を見直す時間」を「予定」として作っておく。

それまでは多少遅れていても計画通りに進めた方が、結局は限りある集中力を活用できる。

見積もりより遅れている時でも、タスクの順番を変えたくなる気持ちグッと抑えて「順番を立て直す予定」までは「予定通り」進めよう

【雑記】空気の通り道

ひさしぶりにマインドフルネスをしたら、息を吸う時は右の鼻、吐く時は左の鼻の方がそれぞれ多く空気が通っていることに気づいた。

原因はよくわからない(私固有の鼻の中の構造とか?)し、だから何?という話だけど、マインドフルネスを通してのちょっとした発見だったのでメモ

ことばのかけら(効率より集中力)

パソコンなどの待ち時間が気になり、数分単位で同時にたくさんの作業をしてしまうことがある。

これは一見待ち時間を有効活用しているようだが、作業ごとの頭の切り替えのための集中力の消費が激しく、全体としては効率が悪くなりやすい。

集中力の観点からは、数分程度の待ち時間ならあえて待ち、1度に1つのことに集中して片づけた方がよい。

短期的な効率も大事だが集中力はもっと大事。限られた集中力を大切にしよう


※私のよくはまる落とし穴の経験談です……

言葉のかけら(挑戦する自由)

人は生きている限り、何度でも同じことに挑戦できる。
そして、挑戦するものを変えることもできる。
挑戦しないことさえ、できる。

うまくいくかはさておき、挑戦する自由はいつも自分にある。

そういえば最近勝負してないなあ、、、

【独り言】自分を信じてもいい頃

思えばいつも、ロクに手垢も付いていない借り物の何かで、目の前の問題をなんとかしようと焦っていたような気がする。

気がつけばいいことも悪いことも30年以上。昔の「借り物」もそろそろ熟成してきた頃だろう。

自分に一番合ったやり方は、外の世界ではなく自分の足跡と自分の身体の中に埋まっているはず。

いい加減、自分を信じていい頃ではないだろうか

言葉のかけら(仕事を自分の上に置く)

個人的な感情としては不愉快だが、顧客や全体像のことを考えて受け入れる。それが「仕事を自分の上に置く」ということ。

一見「当たり前」のことだが、問題はそれを「いつも」保ち続けられるか。

不愉快を受け入れるには度量がいる。人は感情の動物、時には少し時間をおいて頭を冷やしてみるのもいいだろう