山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(言葉の品格)

他人の言葉(特に古人の言葉)を引用する時は、口に出す前に「自分はこれを口に出すに足る人間か?」自問する。

見栄やまやかし、虚栄心などの「かざり」をつけずに口に出せるか?

言葉には品格がある。

自身がそれに見合わないのに口に出せば、情けないただの道化になってしまう。

口は災いの門。ゆめゆめ、口を開く前には自分の前の門番と相談するようにしよう

●関連
「古人は自分の行いが言葉に追いつかないことを恥じた」(論語

【生き方・あり方・自分の測り方】子どもと自分に一生覚えておいてほしい3つのこと

毎日、自分がされたら嫌なことを人にしないようにしなさい。

少し余裕があったら、自分がしてほしいことを他の人にしなさい。

いつの日か、自分のしてほしいことを「相手に合わせて」できるようになりなさい。

私には子どもはいないが、もしいたらこの3つだけは一生覚えておいてほしいと思う

言葉のかけら(今日に似た日)

あと100年生きても、「今日に似た日」はたくさんあっても「今日」は2度と来ない。もちろん「今」も2度と来ない。

何をするにせよ、しないにせよ、それだけは覚えておきたいものだ