山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

研修講師

【プレゼン・人材育成・スライド作成】メンター研修11/21スライド(11/27追記あり)

こんばんは、山田太郎(仮名)です。先日、私が所属する「小田原トーストマスターズクラブ」 (NPOのスピーチクラブ)で行い好評だった「メンター研修」の スライドを、せっかくなので共有しようと思います。●関連記事 【セミナー・研修・TMC】メンター研修…

【今日の名言(2015/11/25)】片付けのできるプレゼンター

「黒板の使い方は、教師として最初の修養である。授業後黒板が拭けぬ(ふけぬ)程度の教師に、どうして道徳など教えられますか」(森信三)私もプレゼンターのはしくれなので、この言葉は「場への敬意も伝えられない人間に、どうして物事を伝えられますか」…

【セミナー・研修・TMC】メンター研修、鋭意製作中!

11/21に所属している小田原トーストマスターズクラブ(NPOのスピーチクラブ)でメンター(※)研修を鋭意製作中。 ※メンター 師匠・相談役。経験の浅いメンバーにある程度経験のあるメンターがつき、相談に乗ったり成長を手助けする 昨日ようやくスピーチの全…

【プレゼン・スピーチ】参加者の視点2015/10/9(5日目。最終日)

ようやく最終日です。とはいえ、最終日はちょっと少ないんですが(^^;) 最後に全体の感想も書いておきました。 別日はこちらから ●関連記事 【プレゼン・スピーチ】参加者の視点2015/10/05(1日目) 【プレゼン・スピーチ】参加者の視点2015/10/06(2日目)…

【プレゼン・スピーチ】参加者の視点2015/10/06(2日目)

先日分の打ち込みが間に合わなかったので(^^;; 別日とまとめることも考えましたが、「1日の研修でもこれだけ思うことがある」という意味でも日ごとにわけて書くことにしました。 ◯スライドで写す資料で、配布資料には入っていないものはスライド右肩に「未配…

【今日の一枚(2015/05/12)】いつか、超えられる日

(「めだかボックス」より)人を育てるなら、いつか相手が自分を超えてくれるように育てたいものです。劣化コピーはいらないし、それは相手にも自分にも失礼。人を育てるということは、明日、今日の自分を超えるということですでもなんかカッコ悪いからこの…

【今日の一枚(2015/05/11)】モノは言いよう、伝えよう

同じ意味の言葉でも、言い方の違いで検索キーワードとしては明暗がくっきり別れる。たとえば「もっと自分の時間を活用する方法」でもタイムマネジメント(2400) > 時間管理術(590) > 時間術(320)と月間検索数に8倍近い開きがある。どんなにいい記事も、読み…

【今日の一枚(2015/5/10)】世界で一つだけの記事

あなたと同じことを”経験”した人はたくさんいる。 でも、あなたと同じことを”感じ”、それを”あなたの言葉”で 伝えられるのはあなただけ。 自分の経験 × 自分の感じ方 × 自分の言葉 = あなただけの記事 あなたがあなたの言葉で書けば、それは世界で一つだけ…

【今日の一枚(2015/05/09)】ペルソナの悩み100本ノック完了

一昨日からやっていたペルソナの悩み100本ノックがやっと終わりました……( ;´Д`)とりあえず書き出してざっと分類してみましたが、ミス予防、時間術や効率化、体調管理、プレゼンあたりの悩みが多い印象。正直結構大変でしたが、何事もそうですがこうやって…

言葉のかけら(やる気は、出さない)

やる気は「出す」のではなく「出る」もの。やる気の泉を無理に掘れば、そのうち泉自体が枯れてしまう。時には絞り「出す」のもいいが、まずは自然に「湧き出る」工夫を考えよう

【ブログ・SEO・マーケティング】ペルソナの悩みを考えるヒント

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は「ペルソナの悩みを考える時のヒント」の話(というか 共有)です。 いい記事を書くには、まずはペルソナ悩み100本ノック 先日、阪井裕樹さんのブログ勉強会で、 「読んでもらえるブログを書くにはまずは『ペルソナ…

言葉のかけら(失敗は3度美味しい)

失敗は3度美味しい。自分の糧になり、部下(組織)へ継承するノウハウの元となり、そしてそのミスをお客さんがしないように心配りをすることでお客さんの満足度もあがる(例:コース料理は必ずわかりやすい場所に飲み放題の有無を"明示"する)。どうせ時間は…

【スピーチ・プレゼンテーション】あがり症(緊張)は敵ではなく味方です

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は「緊張(あがり症)は実力の起爆剤。無理になくそうと せず、上手く付き合えば自分の力を最大限引き出せる」という話です。 あがり症、人前で話す緊張は私の所属しているトーストマスターズ クラブの入会動機でも…

【絵解き・今日の一枚】理性の山と感性の山(旧「最後は、バランス」)

理性(論理)の山と感性の山。どちらから登っても、結局最後は 両方を求められる。もちろん、両者のバランス・得意不得意は あるにせよ。 反対側の大切さに気づけるかが、まず一流への曲がり角 ●今日の一言 「最後は、バランス」 ●関連記事 【考え方】どうせ…

【今日の一枚(2015/05/02)】プロジェクターの物品チェックリスト

本日作成のプロジェクターの物品チェックリスト。プロジェクターは普段使わないので「いつも通り」が通用しにくく、抜けやモレがありがちです。普段使わないものこそ、万が一に備えてチェックリストを作っておきましょう。そうすれば準備もスムーズになり、…

【今日の手書き(2015/05/01)】プレゼンと広報は紙一重

プレゼンと広報は紙一重。というか、表現手段が違うだけで構造はほとんど同じ。実は教育や人材育成もほほ同じ(と私は思っている)。要は伝えるべき価値をいかに相手に届けるかということ。

【今日の手書き(2015/04/30)】視点の大中小

視点の大中小。高い成果をあげるには3つの視点が必要。つまり目的と方向性を定める大きな視点、それを実現するための道(地図)を描く中くらいの視点、そして日々実行する小さな視点。すべて完璧である必要はないし得意な人に力を借りるのもよいが、そのため…

【今日の手書き(2015/4/27)】理解度の5階段

(棒人間はイメージしやすくするためつけましたが、実際は多分人数より階段の高さがまだ正確でしょう) 理解度の5階段。自分と相手がそれぞれどの段階にいるかで、伝える内容も伝え方も大きく変わる。まずは今の位置関係を確認しよう

【マーケティング・広報・PR】トーストマスターズクラブ会員獲得の流れ+広報用A4 1枚アンケート

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は「まずはお客さんの流れを考え、それを 元に仮説を立ててアンケートを作るのが重要」という 話です。 とはいえ、もう時間も遅く分析と対策立案自体に 時間を割かねばならないため、とりあえず私自身の 経過記録的な…

【手書きメモ・マーケティング・広報】会員の流れ

広報としてこのままでは割とヤバいことに気づいたので、しばらく広報強化期間(汗)。差し当たり、仮説構築+データ分析用に考えたことの整理。スピーチクラブの会員の流れ。プレゼンで培った図解化・図案化スキルはこういう時も役立ちます←無理やりい、一度…

手書きメモクイズ その1

なんとなく手書きメモをアップしてみようと思いましたが、そのままでもつまらないのでクイズにしてみました(笑)。答えは下に書いてあるので、頭の体操にでもどうぞ(^^;;……答えが書いてある気もしますが、自分でもすぐ読めないので気にしない(^^;;(写真を…

【他山の石】往復2時間かけてただ漬物石を運んだ事例

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は、私の華麗な失敗談(笑)の話です。 他山の石にどうぞ。 もう時間も遅いので、ざっくり書きますね。 ●起こったこと 新任レクチャー用のプレゼン用に自宅からPC一式を 持っていったのに、変換ケーブル(HDMI→RGB)を …

【お遊び・実験・セミナー】自分は「1」で測ろう

こんにちは、山田太郎(仮名)です。 う~ん、このあいさつ久しぶりですね(笑)。 当たり前ですが、平日は昼は仕事で更新できませんからね~ まあ、それはそれで「お金にならない生き方」を するためには必要ですから、何事もバランスということで。 さて、それ…

【プレゼン・スピーチ】デモプレゼン、自分ごと化(プレゼンデザイナー 市川真紀さん)

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 ちょっと間が空きましたが、3/27プレゼン勉強会編 その3(多分最終回)です。と言っても、前回の記事で 棚上げにしていた「自分のプレゼンにどう活かすか」 というのをちょろっと書くだけなんですけど(^^;) ●関連記事(3/…

【本の紹介】風姿花伝(いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今日は本の紹介です。 今回は「風姿花伝(いつか読んでみたかった 日本の名著シリーズ)」です。 実は、PHP研究所の「新訳 風姿花伝」を読もうとしたのですが、 海苔のようにのっぺりした文面に心を折られました……(^^;) ま…

【プレゼン・スピーチ】プレゼン デモ分析(プレゼンデザイナー 市川さん)

こんにちは、山田太郎(仮名)です。 今回は、ある方のプレゼンに対する分析を 「分析サンプル」という形で紹介させていただこうと思います (プレゼンターの市川さんの許可は事前に頂いています)。 私自身、まだまだ修行中の身なので「これが正解!」などと…

【プレゼン・スピーチ】プレゼン勉強会(3/27)に参加してきました!+プレゼン勉強会の紹介

こんにちは、山田太郎(仮名)です。 今回は、ようやく週末で時間と体力(そして気力)に多少余裕が できたので(苦笑)、先日(3/27)に参加してきた野村尚義さんの プレゼン勉強会の感想をば。 まあ、個人的にはこれ以上広く知られてこれ以上参加しにくくなっ…

【プレゼン・スピーチ】依頼人の期待、確認していますか?

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今日は昨日のプレゼン勉強会の関連記事……と 言いたいところですが、メインディッシュは準備に時間が かかるということで(苦笑)、Facebookの過去ノートを 加筆修正したものを。 今回は「依頼人の期待を『想像』ではなく き…

【プレゼン・スピーチ】ビデオでかけ算で振り返ろう

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は、前回の記事の内容の補足で 「ビデオで振り返る強みは、話し手の理解と 聞き手の視点のかけ算」という話です。 ことばのかけらを除くと久々の新作記事ですね(^^;) ちなみに前回の記事はこちら 【プレゼン・スピーチ…

【プレゼン・スピーチ】一人でも、機械の目なら見返せます

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は、Facebookの過去ノートから ビデオを使った振り返りの話です(一部加筆修正あり)。 振り返ったのは、昨日記事にした 「アップルの新製品の発表のようなorz」プレゼンです (Facebookに投稿時はこちらの記事が後…

【プレゼン・スピーチ】講師の本懐

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は、Facebookの過去ノートから 「講師の本懐」という記事を加筆修正して紹介します。 「依頼された講演を、聞き手にとってどう 価値のあるものにするかのストーリー作りが 楽しい」という話ですね。教訓的と言うよりは…

言葉のかけら(口を開くは誰(だれ)がため?)

人と接する時は、自分の学びのために極力口は開かず、聞き手に回る。 そして相手の言葉をきっかけに、自分の中から気づきを得ることに 集中する。最後に、少しだけ自分の気づきを共有するために口を開く。 話せば聞けない。自分自身で考えを深めるだけなら、…

【人材育成・教育】人材育成のワークショップに参加してきました!

こんにちは、山田太郎(仮名)です。 今回は、昨日参加した「人材育成の担当者に求められる 知識・技術とは」というワークショップの参加レポートです。 昨日は、日本研修コーディネーター協会(JTCA)の 「人材育成の担当者に求められる知識・技術とは」とい…

言葉のかけら(レッテルを超えられる話をしよう)

わかりやすい「レッテル」を貼られてしまうということは、まだ聞き手の頭の中の既存のものを超えられていないことを意味する。言いかえれば、聞き手の頭の理解で止まり、心までは届いていないということ。 ただの理解を越え心に届くような、レッテルを超えら…

【プレゼン・スピーチ】フィードバックシートを作ってみました

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 前回の記事 言葉のかけら(まず印象のしっぽを捕まえよう) - 山田太郎(仮名)のメモ帳 言葉のかけら(まず印象のしっぽを捕まえよう) - 山田太郎(仮名)のメモ帳 を受けて、せっかくなのでプレゼン・スピーチ用のフィ…

【本の紹介】プロ研修講師の教える技術

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は本の紹介です。 今回は「プロ研修講師の教える技術」です。 【プロ研修講師の教える技術】 プロ研修講師の教える技術 作者: 寺沢俊哉 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2011/10/16 メディ…

【プレゼン・スピーチ】3つの期待を意識しよう

おはようございます。山田太郎(仮名)です。 今回は、「話し手だけでなく、聞き手と依頼人の期待も意識して話そう」という話です。 この図を見てもわかるように、一言で言えば「聞き手と依頼人の期待も把握し、それを意識して話そう」ということです。 なぜ…