山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら

言葉のかけら(話しながら書く図解)

図解は「後輩に相談されたときに話しながら書いてるイメージ」で書くと気持ちが込めやすい

言葉のかけら(戦友)

一番の戦友は、自分だと思う

言葉のかけら(不都合な真実)

体重計が爆発しても 体重がなくなるわけではない

言葉のかけら(年の功)

36歳って言っても高校生の2倍賢いわけでも、2倍すごいわけでもない。でもまあ年相応になんとなく色々経験して色々見えたり見えなくなったりして、これが年の功というものなのかもしれない。

言葉のかけら(今日の通信簿)

寝る時の表情が、その日のあなたの通信簿

言葉のかけら(やりたいこと)

「やりたいこと」が「やりたかったこと」になるのは悲しい 「やりたいこと」が「やらなければならないこと」になるのはとても悲しい気持ちは様々なことで変わりうる。たまには自分の気持ちをもう一度確認してみよう#つぶやき #やりたいこと #気持ち #生き方

言葉のかけら(やり方の先生、あり方の先生)

やり方を知りたいなら、今第一線でやっている人から学ぶのがよい。あり方を学びたいなら、古典の中の先人か、幼稚園の先生に教えを請うのがよい。また、もし運良く師と呼べる人に会えたならその縁は大切にとっておこう

言葉のかけら(生存のバロメーター)

おなかが空くのは生きてる証拠 おなかが鳴るのは元気な証拠

言葉のかけら(手垢だらけの方法)

先人の手垢だらけの方法を 自分の手垢だらけにしたら それが自分だけの方法

言葉のかけら(2人の自分)

どんなに裏切っても裏切らない。 どんなに情けない姿を見せてもいつもそばにいてくれる。 それが自分。どんなに口がうまくてもだませない。 どんなに距離を置きたくてもどこまでもついてくる。 それが自分。

言葉のかけら(早寝早起き自分を信じる)

早く寝るということは、明日の自分を信じて任せるということ

言葉のかけら(窓の外より足元に)

隣の芝生は青いが、本当に大事なものは自分の家の中にある

言葉のかけら(当たり前すぎる人)

「当たり前のこと」ばかり言う人は、当たり前を行い、それを続けるのがいかにそれが難しいかを理解している人だろう

言葉のかけら(1日の終わりに)

「よりよい明日のために今日はもうおしまい」この言葉に少し切なくなるなら、今日は本当にかけがえのない日だったのだろう

言葉のかけら(ピンチの後ろにチャンスあり)

予期せぬ成功は予期せぬ失敗へのリアクション(対策)として生まれることがある。ピンチの後ろにチャンスあり

言葉のかけら(いただきますの最後に)

食事をするときは、食材自身やそれを作ってくれた人、料理してくれた人、運んでくれた人など食べ物に関わる全ての人、ものに感謝をするとよいと言われる。その時に、「食べ物を食べてくれる自分」にも忘れずに感謝したいものだ

言葉のかけら(「失敗」ではなく「今は縁がない」)

何かをやめたり捨てたりするとき、「必要になったらまたやる(買う)」と思うと手放しやすくなる。つまり、「これをした(買った)のは失敗だった」ではなく「とりあえず今は縁がないみたいだけど、また縁があったらよろしく」という考え方。「今の自分との…

言葉のかけら(地つづき)

過去とは「終わった今」。 未来とは「これから来る今」。すべては地つづき言葉のかけら カテゴリーの記事一覧

言葉のかけら(できること)

どんなに戻したくても戻らない。 どんなに早めたくても早くならない。それが時間。最後のその瞬間までただ「今」が連なるだけ。 私たちにできるのはただ「今を生きる」ことだけなのだ言葉のかけら カテゴリーの記事一覧

言葉のかけら(なりたいもの)

どんなに頑張っても私は私にしかなれない。 それならば、私は私にしかなれない私になりたい。それはどんな私だろう言葉のかけら カテゴリーの記事一覧

言葉のかけら(わかること、わからないこと)

生きてきてわかったことがある。死ぬまでかけても世界のすべてはわからない。 図書館1つ分の本を読むことさえ多分できない。 「ふつう」をすべて経験することも多分できない。それならばせめて、自分のことくらいはわかって幕を閉じたい。死ぬまでに何がわ…

言葉のかけら(あやまる相手)

ごめんな。痛かったろう。 ものにぶつかった時に、自分にあやまれる人でありたい

言葉のかけら(知識と案内人)

知識は案内人のようなものだ。 なくても時間をかければ目的地にたどり着けるが、あればより迷わずたどりつける。よい案内人なら道中も楽しませてくれるだろう。 知識が多すぎるとかえって迷子になりやすいのも似ている。 目的地にたどり着く方法は1つではな…

言葉のかけら(人生のページ数)

もし自分の人生が小説なら、今は何ページ目だろう。そんなことを思った。 よく考えて、意味がないことに気づいた。 今が何ページ目だろうと、最後のページはわからない。 結局自分にできるのは、今まで通り目の前のページをめくることだけなのだ

言葉のかけら(時の流れ)

100年前はこの世にいなかった。 100年後はもうこの世にいない。 今はここにいる

言葉のかけら(みぎとひだり、うちとそと)

右を見ながら左を見るのは難しい。 何かをしながら自分の気持ちを見つめるのは難しい。 右を見た後に左を見るのはやさしい。 何かをした後に一息ついて、自分の気持ちを見つめることはやさしい。 右を見ながら左を見ようとしていませんか?

言葉のかけら(タスク管理に別腹はない)

タスク管理においてはその日一番やりたい仕事、つまり「ショートケーキの上のイチゴ」は1番最初に食べるのが良い。なぜなら、後にすればするほど満腹になり食べられなくなるからだ。タスク管理に別腹はない あわせて読みたい!厳選関連記事 yamadakameimemo.…

言葉のかけら(最期を見る無粋)

ビジネス書の最後のページ数を見るのはゴールを見据えた行動と言える。小説の最後のページ数を見るのは、他人の(あるいは自分の)余命を知ろうとするような無粋なことだ。自戒を込めて

言葉のかけら(たくさん食べた翌日に体重計に乗る方法)

いやだけど必要なこと(たくさん食べた翌日に体重計に乗るとか)をする時は、「何も考えない」と宣言して思考を停止してやってしまう方法もある。どんな気分であれ、どちらにせよやる必要があるのだから。思考停止がいいこととは言わないが、少なくとも残り…

言葉のかけら(やるだけやった価値)

「出来ることはやれるだけやった」なら、たとえ結果がどうであっても価値が残る。うまくいった時はもちろん価値がある。たとえうまくいかなくても、「私にはこれは向いていない」と次回から自信を持って言える。「向いていない気がする」と「やってみたけど…