読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/19

◯keep ・朝起きてじっくり深呼吸をした ・「今日もいい日」をした(前日寝る前の「3good」の流れを引き継ぐ) ・電車から降りる時、声を出すだけでなく手を伸ばしながら進んで「見てわかる予告」にした ・まず「周りがどう思うか」ではなく「何が必要か」「…

【自分の活かし方】テーマは自己コントロール

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は、あるイベント?に参加して自己コントロールに ついて考えたことなど。 写真メインで軽い記事ですので、お気軽にお読みください(^^;) 今日はケアカフェあつぎに参加してきました。 ●参考 <a h…

【プレゼン・コミュニケーション】プロフェッショナルの口説き方

こんばんは、山田太郎(仮名)です。 今回は「プロフェッショナルはyourメッセージで 口説こう」という話です。 すいません、挑戦的なタイトルですが、実はこれ仮説です(^^;) むしろ一緒になって試してくれる人募集中ですm(_ _)m こんな人におススメ! プロ意…

言葉のかけら(言葉には密度がある)

言えば言うほど、言葉の密度は薄くなる。研ぎ澄ました言葉で、相手の心を撃ち抜こう

言葉のかけら(当たり前には味付けを)

「当たり前」のことを言うときは、あなたなりの味付けをしよう。当たり前のことを当たり前に言われても、相手は「はあ」としか言いようがない。あなたの人生で味付けをしてこそ、相手の心に響くものだ。

言葉のかけら(苦言の責任)

他人に苦言を呈する時は、自分のためではなく、相手のためですらなく、顧客のためであることを忘れずに。その上で、顧客のために伝え方には気をつけよう。リスクを負う以上、結果を出す責任がある。

言葉のかけら(耳は東へ頭は西へ)

人の話を聞いたら、常に「逆」を考えよう。ほとんどの言説は片方からの立場で作られている。右手と左手で対になるように、世の中の物事には二面性がある。 上司への不満があれば部下への不満もあるし、若者への不満があれば老人への不満もある。会社への不満…