山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(「二番煎じ」は一ひねり)

既に誰かが言っている「二番煎じ」なら、伝え方を一ひねりして新しさを出そう。

 

ひねり方はキャッチフレーズ、たとえ話、図解など色々。足し算やかけ算、場合によっては引き算という方法もある。工夫の仕方は無限大。

 

もちろん、聞き手70億人が一人も思いつかないような完全オリジナルのアイデアならそのままでよい。