山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(レッテルを超えられる話をしよう)

わかりやすい「レッテル」を貼られてしまうということは、まだ聞き手の頭の中の既存のものを超えられていないことを意味する。言いかえれば、聞き手の頭の理解で止まり、心までは届いていないということ。

 

ただの理解を越え心に届くような、レッテルを超えられるものを目指そう