山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(マネジメントのブーメラン)

マネジメントの仕事は、死ぬ気で働かせることではなく自分から死ぬ気で働きたくなるような仕組みを作ること。そして、その人のために死ぬ気で働きたくなるようなトップであり続けること。

 

その上で、部下が絶対に死なないような仕組みを作り、部下を活かし、生かすこと。人は埋まった宝そのもの。それをどう掘り出し、活かし続けるかがマネジメントの腕の見せどころ。使い捨てるマネジメントはいつか自分も使い捨てられる。マネジメントはブーメラン

広告を非表示にする