山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【遊び心・実験・生き方】水のような自己紹介

こんばんは、山田太郎(仮名)です。

 

今回は「水のように目立たない自己紹介で、

本当に自分を必要とする人を見つける」という話です。

まあタイトルとタグを見てもわかる通り、実験的な

話なので話半分で読んで下さいね(^^;) 

 

先日、某プレゼン勉強会で自己紹介で割とフルボッコになりました汗

 

●関連記事

yamadakameimemo.hatenablog.com

 

で、その時から考えていたことがあります。

それは「いっそ、水のような目立たない自己紹介をしてみたい」

ということ。

 

当たり前ですが、自己紹介の目的は一般的には「自分の名前を

覚えてもらう」こと、少なくとも相手の印象に残ることです。

そのために、その方法は人それぞれにしろ、通常は「前に出る」ような

目立ち方を考えるのが普通です。

 

これはさながら、飲み物で言えば炭酸飲料のような、エナジードリンク

ような、あるいはワインやブランデーの味を競うようなものだとも言えます。

 

ただ、なんというかこれはもう完全に感覚の話なんですが、こういうのって

あまり私に合わない気がするんですよね……実際、前回の惨敗も「キャラに

合わないことを無理にしてテクニックに走った」のが敗因の一つだと

思っていますし。

 

それもあって、他の人が前に出る(印象に残ろうとする)からこそ、

逆に「水のような、あっさりとした自己紹介」もアリなのではないだろうか

と思ったわけです。

 

もちろん、あっさりしているからほとんどの人の印象には残りません。

 

でも、本当に洞察力のある人なら、他の人の自己紹介との落差から

「目立たない目立ち方」を見抜き、声をかけてくるかも知れません。

そこまでいかなくても私の「あっさりとしすぎた自己紹介」に違和感を

感じることのできる人もいるでしょう。

 

いくら頑張って自己紹介しても、その後も末永く続く縁を結ぶのはとても

難しいものです。だいたい、私自身「狭く深く」というタイプですし……。

正直人見知りでもあるので(苦笑)、どうせ縁を結ぶなら話の合いそうな人と

結びたいものです。

 

まあ、こういう「不思議な」自己紹介に何かを感じる人きっと私と

どこか似たところがあると思うので、せっかく話すならそういう人と

話したいなと。

 

更に言えば、こちらの意図を察して自己紹介直後ではなく少ししてから

さりげなく声をかけてくる気づかいまであれば、それだけで

もう惚れ込んじゃいますね(^^;)

 

まあ、多分膨大な数の「空振り」になると思うのですが、これはこれで

私の在り方に合っていると思いますし、しばらくはこれをやってみようと

思います。セミナーは私にとってはどうせ道楽。失敗しても失うものが

そもそもありませんから(^^;)

 

ということで、まとめると「他の人が前に出て目立つ中、

あえて『目立たないという目立ち方』もある」ということですね。

多分いないと思いますが(笑)、もし興味を持った人がいたら

ぜひ試して結果をこっそり教えて下さい(^^)/

 

●今日の一言

「水はただ水を必要としている人にだけ届けばそれでよい」