山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【本の紹介】論語絵本~見てわかる、わかりやすい「論語」~

こんばんは、山田太郎(仮名)です。

 

今回は本の紹介です。

今回は「論語絵本」です。

生き方・あり方に関するの本の中でも、

間違いなく私のお気に入りの一冊です\(^o^)/

 

 

●関連記事 ~中国古典シリーズ~

【本の紹介】現代語訳 論語 - 山田太郎(仮名)のメモ帳

【本の紹介】菜根譚 ビギナーズ・クラシックス - 山田太郎(仮名)のメモ帳

【本の紹介】新訳 呻吟語 - 山田太郎(仮名)のメモ帳

 

 

論語絵本】~”見てわかる”、わかりやすい「論語」~

論語絵本

論語絵本

 

おすすめ度:★★★★★(5/5。おすすめ!)

 

人としての「道」を学ぶため購入。

 

この本は、一言で言えば「見てわかる、わかりやすい論語」。

 

論語で理屈抜きで心に染み渡る章、短い言葉で

ハッと気づかされるような章を91章選び、

現代語訳と挿絵をつけたもの。

 

日常で使うようなわかりやすい現代語訳と

 やや癖はあるものの内容を押さえた趣ある挿絵による

2つのわかりやすさが、この本の大きな特徴だろう。

f:id:yamadakamei:20150406003906j:plain

(過去記事でも使用した画像。「自分で自分を枠にはめている」

のがよくわかる絵だ。なお青ペンの書き込みは私のもの)

 

●関連記事 

言葉のかけら(まず自分から始めよう) - 山田太郎(仮名)のメモ帳

 

 

特に印象に残った部分として(一部意訳あり)

 

「己の欲せざるところ、人に施す(ほどこす)ことなかれ」

 (自分がされて嫌なことはするな)

「先ず(まず)其の器を利にす」(職人はよい仕事をしようとする時、

 必ずまっ先に道具を研ぎ澄ます)

「その身正しければ、令せずして行わる」(自分が正しい行いを

 していれば、人は命令しなくても動いてくれる)

「夫(か)の人言わず。言えば必ず中る(あたる)あり」(口数は

 少ないが、言えばそれは必ず的を得ている)

「過ちて改めず。これを過ちと言う」(あやまちを改めないことが

 あやまちなのだ)

 

などを、自らの行動に取り入れようと思う(残りは下の「自分用メモ」に)。

 

基本的には論語なので、読んでいくことで、志高く、目線を

高く持つことを思い出させてくれる。

しかも、前述したように言葉も絵もわかりやすくやわらかいので

「押しつけがましくない」のが大きな特徴だろう。 

 

ちなみに、余談だが私はこの本を読んで以来いつも

「されていやなことはしない」(己の欲せざるところ、

人に施すことなかれ)を心がけるようになった(まだまだ道半ばだが)。

 

 

とても読みやすい本で万人に勧められる良書。特に論語に興味は

あるが字がびっしりしている本はちょっと……という人や、

論語を読んだことはあるがいまいち頭に入らなかった人、

お子さんに読み聞かせたい親御さんにもおすすめできるだろう。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

論語絵本、とてもいい本なので、ぜひ一読してみて下さいね\(^o^)/ 

 

 

●今日の一言

「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」 

 

●今回の本(おすすめ度:★★★★★(5/5。おすすめ!))

論語絵本

 

 

●関連記事 ~中国古典シリーズ~

【本の紹介】現代語訳 論語 - 山田太郎(仮名)のメモ帳

【本の紹介】菜根譚 ビギナーズ・クラシックス - 山田太郎(仮名)のメモ帳

【本の紹介】新訳 呻吟語 - 山田太郎(仮名)のメモ帳

 

 

◆自分用メモ

「まず実行しろ。言うのはその後でいい」

「今、汝は画れり(かぎれり)」(あなたは自分自身で自分の限界を決めたんだ)

「学んで思わざれば罔し(くらし)。思って学ばざれば殆うし(あやうし)」(教わるだけで自分で考えないと何も見えないし、自分で考えるだけで教わらなくてもそれはそれで痛い目を見る)」

「今道ばたで聞いてきたことをすぐに道ばたで受け売りするのは学ぶ心を

 ポイ捨てしている」

 「『これをどうしよう、あれをどうしよう』と自分で悩んでいない者は、私にもどうすることもできない」

「仕事が一番、給料二番」

「自分の持ち場でないことには、口出しをしない」

「後生畏るべし(おそるべし)」

「君子は器ならず(きならず)」(君子は器に縛られず、できることに限りがない)

「人の己を知らざるをうれえず。己の能く(よく)するなきをうれう」

 (人が自分を認めてくれないのは気にしないが、自分が認めてもらえるだけの力量がないことを気にする)

「3人行えば、必ず我が師あり」(あとの二人のよい点、悪い点を手本にしよう)

「辞は達するのみ(じはたっするのみ)」(言葉はわかりやすいのが一番だ)

「父母にはそれとなくいさめ、聞き入れられなくてもあまりカッカするな」

「近き者よろこべば、遠き者来る」(身近な人を喜ばせれば、遠くの人も引き寄せられてくる)

「久しくして人これを敬す」(付き合いの長い人にほど尊敬されている)

「国が治まっていても乱れていても矢のように正しいことを行うのもよい。国が治まっていれば正しいことを行い、国が乱れている時は身を引くのは更によい」

「すぐれた人はあれこれ細かいことをしない(する必要がない)」

「心ある人もどん底まで落ちることはある。ただし、そこで取り乱さないのが違う」

「とんだ空には戻れぬが、とんでく空は決められる」

「天は何も言わないが、黙っていても四季はめぐり、全ては育つ」

「小人はいつも他人のせいにするが、君子はいつも自分のせいにする」

「父母の年は忘れるな。父母の元気を喜び、老いを気づかえ」

「人の道を行くときは、先生にも一歩も譲らなくてよい」

 

◆補足

【本の紹介:論語絵本~見てわかる、わかりやすい「論語」~】
おすすめ度:★★★★★(5/5。おすすめ!)

 

ブログを更新しました。今回は「論語絵本」(森 華訳)の紹介です。やや癖がありながら本分の印象を良くとらえた挿絵と、日常で使われるような言葉でわかりやすく解きほぐされた訳が相まって、とてもわかりやすい本になっています。

 

論語に興味はあるけど、文字がびっしりしているのはちょっと……」という人に特におすすめです。ぜひ読んでみて下さい\(^o^)/