山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(社長の椅子の座り方)

自分という会社を経営する。今日1日の仕事は、社長の名に恥じないものだったか?

たとえ社員が自分一人でも、たとえもう一つの組織では最底辺でも、それでもあなたの会社の成果と貢献はあなただけの手の中にある。

今日失敗したなら、明日また挑戦しよう。自分という会社にふさわしい社長になろう。生きている限り、挑戦する権利はあなたの手の中にある