山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(鏡のように佇む)

善意には善意を、悪意には悪意を映し、相手がいなくなれば何も映さずただ佇(たたず)んでいる鏡のような存在でありたい。


相手に「返す」必要はなく、ただ「映す」だけでよい。自分自身は相手の意思にとらわれず、ただ静かに映すのみ。そういう鏡のような存在でありたい

広告を非表示にする