山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(気づきは余白で育つ)

f:id:yamadakamei:20150610080448j:image


余裕が気づきの余白となる。適度な忙しさは必要だが、あまりに忙しすぎるとせっかく目の前にある気づきの種を見逃してしまう。自分の日々の気づきをメモし、それを見返して客観的に自分の忙しさを振り返るのもよい。


気づきがないのは生活に余白がない証拠。多少無理してでも乗り切らねばならない時もあるが、明日よりよい仕事をするために自分の余白に気を配ろう

広告を非表示にする