山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【今日の名言(2015/06/30)】知ればそちらをしたくなる

「子路は聞いた教えが実行できるようになるまで、新たな教えを聞くのを恐れた」(現代語訳 論語p60)

振り返る前についつい次の本を読み始めてしまう私には、とても耳の痛い言葉です(^^;;

子路は孔子の弟子で、「虎と素手で戦って、黄河を走って渡ろうとする」と例えられるほど勇猛果敢な性格でした。

そんな恐れ知らずな弟子が「新たな教えを聞くのを恐れた」と言うのが面白いですね。

想像ですが、

新たな教えを聞く
→どうしても新しい教えに意識が奪われ、そちらを試したくなる
→今ですらまだ実行できていない教えが実行できないままになってしまう

と考えたのではないかと思います。

知識を得るのはまだやさしい。本当に大変なのは、それを使いこなして役立てることです。知識は使いこなしてこそ意味がある。

新たな教えを聞かない、とまではいかなくても、せめて次の学びの前に今の学びを整理する時間くらいは取りたいものですね(^-^)/

⚫︎今回の出典

現代語訳 論語 (ちくま新書)

現代語訳 論語 (ちくま新書)