山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【TMCの特徴】学びが「かけ算」で活かせます!

※所属している「小田原トーストマスターズクラブ」の

 ブログ記事の転載です。

 

こんにちは、会員担当副会長の山田太郎(仮名)です。

 

今日は「トーストマスターズクラブの学びは

『かけ算』で活かせる」という話です。

 

昨日は「トーストマスターズクラブは学びの幅を

広げてくれる」という話をしましたが、そのトーストマスターズ

クラブの1つ1つの学びが「組織の運営(リーダーシップ)」

という観点でつながりがあるのも大きな特徴です。


クラブの活動の「会員を増やす」という1つをとっても、

下の図のように1人の役員だけで完結することはなく、

達成には複数の役員やメンバーが関わることで初めて

達成できるようになります。

 

f:id:yamadakamei:20150711124546p:plain

 

これは言い換えれば、自分が他の役職や普段メンバーとして
学んだことを今の役割にも「かけ算」で活かし、今の役割を
より高いレベルで達成できるということです。


例えば私の場合、今季は会員担当(見学者対応と
既存会員の満足度向上を担当)となりましたが、
見学者対応で書いてもらう「ゲストカード」という
ものを広報担当での経験を活かして改良しました。

 

f:id:yamadakamei:20150711124537p:plain

具体的には、「HPとブログ、どちらをより重視するか?」
「見学に来てくれる人はプレゼンの練習がしたいのか?
それとも日常のコミュニケーションを強化したいのか?」という
広報担当の時に特に悩んだ部分を、詳細に確認できるようにしました。

 

仕事の場合、特に大きい組織の場合はどうしても専門性から
役割分担がしっかりし過ぎて全体像が見えにくくなってしまいがち。


20人~40人程度とやや小規模なトーストマスターズクラブ
だからこそ、全体像と個々の会員の顔が見えやすく、
様々な役割を通して学びと経験をかけ算で活かしやすいと思います。


学びをかけ算で活かせるトーストマスターズクラブ、
あなたもぜひ一度見学してみませんか?(^^)/

見学以外のお問い合わせもぜひ下記アドレスからお気軽に
ご連絡下さい。

 


【見学のお問い合わせはこちらから】

●HP:https://odawaratmc.wordpress.com

●メール:odawara.tmc@gmail.com