山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(慣れこそ怖い)

半年〜1年くらいして慣れてきたときこそ慣れと記憶に頼らず「手順」の再確認と徹底を。


たとえば相談された時の情報収集→判断の順番など。たとえ同じ内容、同じ結論でも、思い出したように何度も行きつ戻りつしていては周りの信頼を失ってしまう。


知識や経験不足の怖さは見えやすいが、慣れの怖さは見えにくい分さらに厄介。毎回初心を思い出し気を引き締めよう

広告を非表示にする