山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(「悪いなり」を繰り返さない)

重い予定が立て込むのも、体調が整っていないのも、最後は自分の不徳が原因。

使えるもの(時間も気力も体力も)が限られているなら、限られているなりになんとか形にするのが仕事人。

悪いなりにしのいだ経験は、きっと次の「逆境」でも役立つ。ただし、そもそもそういう状況自体を作らないよう予防できてこそプロ。落ち着いたら振り返り、次の糧にしよう
広告を非表示にする