山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(有能な人の落とし穴)

有能すぎる人は、どうしても自分と比較して周りの不首尾が目につきがち。

才(能力)に徳(あり方)を追いつかせるのは難しい。まず逆はまだやさしい(結果が出るまで忍耐力が必要だが)。また、徳は才よりも伸ばすのに時間がかかる。

どちらにせよ、最後は「やり方」(才)と「あり方」(徳)の両方が高い水準で必要となる。状況が許す範囲で、できる限り徳を積むことを優先したい