山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(体と心の循環)

体が痛かったりして正しい姿勢が取れなければ、心持ちもどうしても下がるもの。そして、その下がった心持ちは悪い姿勢にもつながる。もちろん、その逆もある。

良くも悪くも心と体は輪のように影響しあっている。正すにはどちらか片方ではなく、両方を正す必要がある


⚫︎補足
寝違えて首をあげるのがしんどいです……視線が下がると心も下がる(^^;;