山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(育てた「型」が自分自身)

書式やマニュアルなど、自分なりの「型」を作り、それを育てることが自分自身を育てることにつながる。

大筋は作成当初と同じでも、相手に合わせて、何より自分自身の成長(内容についても、伝え方についても)に応じて何かしらの変化があるもの。

手直しが全く不要になったら、マニュアルの「完成」を喜ぶより先に一度は自分自身の停滞を疑ってみた方がよい。

「型」の成長は自分自身の成長でもある。いつかは「型」を破ったり離れる時も来るかも知れないが、まずは自分の型を育てよう

⚫︎ウラ話
昨年からバージョンアップした講義資料と、見学者対応の書式の手直しから
広告を非表示にする