山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【今日の名言(2015/10/14)】「場」への敬意

「さて黒板の何処かに、いささかでも汚れた箇所があると、先生は黒板拭きを持たれて、あたかも神前に奉仕する神官の所作もかくやと思はれるほどの荘重さで、黒板の全面をきれいに拭きにかかられる。(中略)

かくて時間の終わりには、その時間にされた板書事項を丁寧に消される。時間始めのごとき厳かさでー」(森信三訓言集)

先生(森信三)の、自分が授業をする「場」への敬意がひしひしと伝わってきます。

これは、我々プレゼンターやスピーカー、そして全ての人が学ぶ価値のある姿勢でしょう。

小学校の時に遠足で言われた言葉を思い出します。「来た時よりも美しく」。

余裕がないとついつい自分のことだけで頭がいっぱいになってしまいがちですが、「場」への敬意も忘れないようにしたいものですね


⚫︎今回の出典

森信三訓言集

森信三訓言集