山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(分析力の刃と笑顔の鞘)

分析力は冷たい刃のようなもの。本人にその気がなくても、その切れ味が鋭ければ鋭いほど周りには"冷たい"印象を与えてしまう。

分析力があればあるほど、笑顔や温かさというしっかりした「鞘」(さや)が必要になる。「人」に関することに分析力を使う時は特に注意が必要。

分析力も所詮は結果を出すための道具の一つ。使い方を誤り、周りとギクシャクして結果が出せなくては元も子もない。


分析力の刃も普段は笑顔の鞘に収め、ここぞという時に抜き放つようにしたい


◆補足
抜き放ったあとの配慮も忘れずに