山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(順番で頭を整理する)

現場で働いていると、しばしば「するべきこと」と「制約要因」の重要度が無意識に混在する。「するべきこと」は軸、「制約要因」は壁。

特に突然の電話などで体勢が崩れたときになりやすい。一呼吸おいて、まず進むべき方向である「あるべき姿」を確認しよう。次に壁である「制約要因」を考えよう。

この順番を誤ると「できないことから」始めてしまい、混乱の中で知らず知らず妥協し、本来より質の低い仕事になってしまう。

人の意識はどうしても順番に影響される。順番で頭を整理しよう
広告を非表示にする