山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(自分の"使われ"方)

組織の成果のためには「自分の使い方」だけでなく「自分の"使われ方"」にも気を配りたい。

特に自分がなんらかの理由で希少な存在(特殊な技術や資格を持っているなど)である場合、安請け合いは結局は組織の成果を損ねる可能性が高い(たとえ周囲に"いい人"と思われても)。

わがままではなく、「自分の"使われ方"」の観点からも、自分の集中するべき仕事を認識し、そのための物事の断り方は覚えておきたい


●関連
「専門家は自分の専門領域に集中した時に最も成果をあげる」(ドラッカー
「すべての領域に1ミリずつ進むより、大事な1方向に大きく前進する方がよい」(「エッセンシャル思考」)