読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(自分の口には戸を立てる)

自分のことを語るのは、他人のためのみにしたいものだ。

自分のために自分のことを語れば、どうしても自慢の口が過ぎる。特に、自分の専門や「得意分野」ならばなおさら。

自慢話を聞いて楽しい人はいない。人の口に戸は立てられないが、自分の口にくらいは戸を立てたい

◆補足
以前にほぼ同じタイトルの記事を書いているが、そちらは軽率な発言で他人を傷つけないように、という趣旨であり、興味深い(今回も広義では聞き手の不快感に関するものだが)。

●関連記事
言葉のかけら(自分の口に戸を立てる) - 山田太郎(仮名)のメモ帳