山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(いつもその日が全盛期)

時とともに失うものもあれば得るものもある。

例え肉体が老いさらばえても、「その人」としてはいつもその日が全盛期、そう胸を張って言えるような生き方をしたいものだ


●関連
「『最高の著作は何ですか?』と聞かれた時、いつも本気で『次に書く本です』と答えている」(ドラッカー