山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(良書のジレンマ)

いわゆる”バイブル”と言われるような厚くてすばらしい本ほど、『しっかり読もう』と思ってかえって積読になりやすいもの。

どんな良書も、本棚の肥やしのままでは役に立ちようがない。「とりあえず読んでみるか」くらいの気軽な気持ちでまずはページを開いてみることが、今後につながる。

どんな時でも、読書の目的を忘れないようにしよう


◆補足
自戒です(^^;)

広告を非表示にする