山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(たとえ二度とは会えなくても)

食事を食べることは世界を食べること。そして、死したものはまた世界に還る。

そういう意味では、食事というのは死したものの一部とともに生きること、とも言える。たとえ肉体は消えても永遠に「何か」は残る。そう考えれば少しは救いになるのだろうか


●関連記事
yamadakameimemo.hatenablog.com
yamadakameimemo.hatenablog.com

広告を非表示にする