山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(「知っている」の先にあるもの)

本を読んだり話を聞いて「当たり前だ」(知っている)と思ったら、必ず「できているか?」と自分に問いかけよう。

そして、もしできていないなら、自分自身その必要性が「わからない」(それほど必要だと思わない)から行動していないのか、それともやってみたが外部のハードルが高くて「できない」(できなかった)のどちらなのかを考えてみる。

その後、その理由をさらに考え、やる価値があることなら工夫してまた試してみる。

「知らなくてできない」のと「知っていてもできない」は結果を出せていないという意味では同じ。むしろ「知っていてもできない」の方が”もったいない”。

「知っている」は次なる成長へのサイン。自分への問いかけを通して「知っている」の先へ行こう


●関連
「幼稚園でならったことをできれば、重役にはなれる」(佐々木常夫)
「凡事徹底」(ことわざ)