山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(先人の楔(くさび))

電車の中で落し物があったので、周りの人に声をかけて(しかも2人)落とし主に返してみた。

何度かスルーしようとしたけど、その度に頭の中に思い出される「義を見てせざるは勇なきなり」の言葉。

最後までスルーしても良かったけど、きっとそうしたら後悔するんだろうなあと3駅ほど葛藤して声をかけてみた。

つい易きに流れそうになる時、やはり先人の言葉は自身への"楔"(くさび)になるなあと感じる出来事でした

広告を非表示にする