山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【本の紹介】中庸

中庸 (講談社学術文庫)

中庸 (講談社学術文庫)

おすすめ度:★★★★☆(4/5)

先人に学び、身を修め、徳を高めるために購入。

内容としては「論語」「孟子」「大学」と重なる部分も多いが、より現実的でバランスが取れた記述が多いように感じた。

また、「中庸=偏らないだけでなく、時宜に合っている」や「王の3か条は『位』『徳』『時』である」など、「時」という切り口が新鮮。 徳を高めるための「当たり前」を知ることができたのは大変収穫だった。

「中庸」を自分自身の今後の指針にし、日々の実践していきたいと思う。

先人から生き方(あり方)の手本を学びたい人という人は、論語(と孟子)の後に大学とセットでぜひ読んでみて欲しい。


●関連記事
yamadakameimemo.hatenablog.com
yamadakameimemo.hatenablog.com
yamadakameimemo.hatenablog.com
yamadakameimemo.hatenablog.com


●今回の本
中庸 (講談社学術文庫)