山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(有能な"実力不足")

能力というのは相対的なもの。

個人として多少有能でも、やろうとすることが大きければ相対的に「実力不足」になる。

人一人の力でできることなど高が知れている。

「実力不足」を認められるのも能力のうち。

価値ある何かを成し遂げたいなら、まず自分の身の程を知ることから始めよう