山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(有能な"実力不足")

能力というのは相対的なもの。

個人として多少有能でも、やろうとすることが大きければ相対的に「実力不足」になる。

人一人の力でできることなど高が知れている。

「実力不足」を認められるのも能力のうち。

価値ある何かを成し遂げたいなら、まず自分の身の程を知ることから始めよう

広告を非表示にする