山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(疲れなくなったら赤信号)

疲れなくなったら赤信号。

アクセルを踏んでも良いし、たまたま事故は起きないかもしれないが、進むなら大事故を起こす覚悟は必要。

疲れを感じることさえできなくなったら基本は停止。せめて最徐行を。

自分のアクセルで不幸になるのは自分だけとは限らない

広告を非表示にする