山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(「当たり前」のヒント)

3人いれば必ず我が師あり。

手本にすべき人も反面教師も全て合わせれば、1日に1つくらいは学びや気づきがあるものだ。

そういう目で見れば、「当たり前の風景」の中にいるゴミ拾いをする人も、怒鳴り散らして不快な人も全てが教師となる。

きっとヒントは日常の中にたくさんある。そのヒントを見逃さないように日々を生きたいものだ


●関連
「3人いれば必ず我が師あり」(論語