山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(やる決断よりやらない決断)

「やる決断」は未来を切り開く可能性があり、「やらない決断」は未来を守れる可能性がある。

意欲に燃えている時、やる決断を行うのはまだやさしい(前向きな理由もつけやすいものだ)。

しかし、「成果を出し続ける」ためにはやらない決断を適切に行うのが極めて重要になる。

特に、周りに責任感が強いと言われたり、元々「量より質」で勝負する守りが得意なタイプの人は要注意。

「やらない」というのは時には「やる」という以上の勇気が必要。自分のプライドが傷つく時もあるかもしれない。

それでも、他の人を大事にするあまり、自分や家族をないがしろにしないように。

まず自分と一番近い人を大切にするため「やらない決断」を行おう


●関連
「優先順位を決めるより劣後順位を決める方が重要である」(ドラッカー