山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(待つより小さく始めよう)

「いつか余裕のある時」などというものはいくら待っても来ない。運が良くてもせいぜい「少し余裕ができた時」がある程度。

だから、何かをしたければ「いつか余裕のある時」ではなく「少し余裕ができた時」に始められるよう、最初は小さく手をつけられるように分解しておこう(20分くらいで軽く始められることがいい)。

たとえ小さくても、動き始めればそれが次の動きの原動力になる。


本当にやりたいことなら、いつまでたっても来ない「いつか」を待つより、少し余裕に潜り込ませて小さく始めよう

広告を非表示にする