山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(欲しいなら配ろう)

「こうして欲しかった」ことがあるなら、自分がそれを周りの人(特に自分より立場が下の人)にしてみよう。

運が良ければ、いつの日か巡り巡って自分もそうしてもらえるだろう。

もし運が悪くても、少なくとも自分と同じ思いをする人はきっと減らせるはずだ


●関連
「己の欲せざる所人に施すなかれ」(論語新釈p481)
「情けは人の為ならず」(ことわざ)