山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(言葉は生きている)

言葉は生きている。

良かれと思って手を加えた瞬間、言葉が瀕死になることがある。
自分が書いた言葉に、意図していなかった新しい意味を気づかされることもある。

きっと、書いた時点で自分とは違う生き物になるのだろう

広告を非表示にする