山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(”私だけ”を”あなただけ”に)

「話し手が私でなくてもできる話」「聞き手があなたでなくてもいい話」この2つはプレゼンの二代落とし穴。「使いまわしができる話」では、人の心は動かない。

 

「私だけの」話を「あなただけに」聞いてもらう。決して簡単ではないが、プレゼンターたるものいつもそれを目指していきたい

広告を非表示にする