山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(内と外の「あるべき姿」を合わせる)

外部からの知識は最大公約数としてのあるべき姿を教えてくれる。背景にある経験は膨大だが「自分」に合うとは限らない。

自分の経験は「自分に合ったあるべき姿」を教えてくれる。自分に合うが、一人の経験なので背骨の太さには限りがある。

外の知識と内の経験を合わせて、より高みの「ありたい姿」を見つけよう。そしてそれも定期的に見直そう
広告を非表示にする