山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(教師の本懐)

教師の本懐は、いつか自分が必要なくなる日が来ること。つまり、教え子が独り立ちすること。そして、巣立った教え子から自分も学び、それを今の教え子へ伝えること。

 

未来へのバトンはいつも続いている。それを後進により良く伝えることこそ、教師の本懐であり誇りそのもの