山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(親切心が仇になる)

何事であれ親切心で詳しく伝えようとすると、結果的に文章が長くなるなど「見た目」が重くなり、相手にとっては”重荷”になることもある。また、説明が長ければ長いほど相手の集中力も分散してしまう。

 

”重荷”になりそうな時は、相手の負担まで考慮した対応、具体的には一度にすべて渡さずまず概要版+詳細は時期が来たら適宜追加したり、図解を活用するなどを心がけたい。

 

どうせ親切心を発揮するなら、もう一歩踏み込んで「仇にならない親切心」を目指そう