山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(「しない理由」に目を向ける)

他人が何かを「しない」時は、知らない、必要性がわからないだけでなく、やろうとしてもなんらかの理由(外部の制約要因など)で「できない」こともある。

「できない」状態で「知らない」ものとして"アドバイス"されると、好意から来るものとはわかっていてもやはりやる気が下がるもの。

また、その人なりの考えがあって「あえてしていない」場合もある。

もしアドバイスをするなら、「できない」や「あえてしない」の可能性についても念頭に置き、理由を確認しながら行おう。

アドバイスをするのは大変なもの。せっかくの好意なら、お互いにとって最も良い形で活かそう