山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(神は経験に宿る)

神は細部に宿るが、細部のことに気づくには自分で実際に行い、反省して経験のある人の助言を受けることが必要。

ある程度の資料があれば大枠を押さえ「形にする」のはまだやさしい。しかし、本当に差がつくのはその先の「細部を詰める」部分。

何事も神経が隅々まで行き届き、ピリッとした緊張感を見るものに与えるにはかなりの経験が必要。

「やってわかる」こそが経験の生命線。「大枠」で満足せず、2回目、3回目は「細部に宿る神」を追い求めたい

広告を非表示にする