山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(失敗に人生を味わう)

もし目指せるのなら、「一生失敗しない人」よりも「数え切れないほど失敗して来たが、それでもその度に立ち上がって来た人」を目指したい。

前者は一度でも失敗すれば不可能だが、後者は自分が生きている限りチャンスはある。

今日もまた失敗した。それでも幸い明日がある。少々ほろ苦いが、失敗も人生の味のうち。それを味わうのも悪くはない

広告を非表示にする