読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(言葉の品格)

他人の言葉(特に古人の言葉)を引用する時は、口に出す前に「自分はこれを口に出すに足る人間か?」自問する。

見栄やまやかし、虚栄心などの「かざり」をつけずに口に出せるか?

言葉には品格がある。

自身がそれに見合わないのに口に出せば、情けないただの道化になってしまう。

口は災いの門。ゆめゆめ、口を開く前には自分の前の門番と相談するようにしよう

●関連
「古人は自分の行いが言葉に追いつかないことを恥じた」(論語