山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(聞き手を理解度の鏡にする)

あることについて自分の理解度を知りたければ、他人に話してみればよい。

相手が言葉にしなくても、表情を見れば伝わっていない部分はかなりわかる。また、話しながら自分で聞くとき、深く理解できていない部分は自分自身で違和感を感じるものだ。

人を巻き込む仕事(つまりほとんどすべての仕事)は、他人に理解してもらうことがかかせない。そのために、まずは自分自身の理解度を確認するために身近な人に話してみよう

広告を非表示にする