山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【方向性・生き方】食べることは背負うこと

こんばんは、山田太郎(仮名)です。

 

今回は「今日の糧に感謝し、恥ずかしくない

明日を生きる」という話です。

 

 

私は夕食を食べる時、2つのことを心がけます。

1つは、今日を生き延びたことに感謝すること。

そしてもう一つは、生きる糧に感謝することです。

 

禅の食事の作法で「五観の偈(ごかんのげ)」と

いうものがあります。

これは、5つのものに感謝して、食事をいただく、というもの。

 

その中の一つに

 

「このありがたい食事をいただいていい自分なのか、

 行いを反省していただく」

 

というものがあります。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、今日、私の口に入ったものは

明日を生きることはできません。これは、動物に限らず植物も

含めてです。

 

そういう意味では、たとえ目に見えなくとも、やはり他の

ものの命を絶ち、その結果を食べ命をつないでいる、

ということになります。

 

「あなたの今日は、誰かがどうしても

生きたかった明日」という言葉がありますが、

これは別に人間に限ったことでもないでしょう。

 

せめて、こうべを垂れて感謝し、夕食をいただきたい

ものです。そして、食べ終わったら一言「ありがとう」と。

 

 

食べることは背負うこと。

あえて罪深いとは言いません。

ただ、せめて今日私の糧となったものたちに

恥ずかしくない明日を生きたいものです。

 

f:id:yamadakamei:20150416193714j:plain