山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【方向性・生き方】負け犬の矜持。それでも完全を求め続けるということ

こんばんは、山田太郎(仮名)です。

 

今回は「例え負け続けることがあっても、

それでも次はもっとうまくやる」という話です。

 

今日は私が所属する小田原トーストマスターズクラブの

チャーターセレモニー(正式なクラブとして認められたお祝い)

でした。しかし、帰り道での私の気分は、晴れ晴れとは程遠いものでした。

なぜなら、自分の持ち場をうまく回せなかったからです。

 

f:id:yamadakamei:20150418234403j:plain

 

私の持ち場は、普段例会(勉強会)で行っている即興スピーチの司会者を、

セレモニーの場でもやる、というもの。一見それほど難しくは見えません。

何せ「いつも通りでいい」のですから。

 

もちろん、「いつも通り」準備もしっかりしていきました。いえ、

むしろセレモニーの場にふさわしくショートスピーチまで準備したので、

いつもより入念に準備をしたと言っていいでしょう。しかし、結果は惨敗。

30名の参加者のうち、司会者の私を見ているのは数人と言う体たらくでした。

 

理由は明白でした。私の持ち場になった時点ですでに相当

「ザワザワしていた」場の雰囲気を、うまく掌握できなかったこと。

これに尽きます。

 

どんなにすばらしい司会やスピーチでも、聞いている人がほとんど

いないのでは到底効果的にはなりえません。

いわば「戦う前に負けていた」のです。

 

さらに悔しいのが、おそらくこの状況の打開策と思われるものを、

当日直前の例会で目にして、自分でもやっていたのにこの場で

思いつけなかったこと。

 

(ちなみにこれは「沈黙の手上げ」です。ファシリテーターなどが

よく使う技法で、あえて沈黙して手だけを上げるというやり方です。

声かけやタイマーの音によるものと違い、「参加者から気づいて

やめられる」押しつけがましくないとてもスマートなやり方です)

 

更に言えば、飲み会の場での即興スピーチの司会と言う状況自体は

すでにわかっていたので、少し考えればこの状況自体も予見可能でした。

そうすれば沈黙の手上げまでは至らなくても、何かしら対策を打つことも

できたでしょう。

 

ちょっとわかりにくくなってしまいましたが、要は「いくら準備を

していても、戦う前に負けることもある」ということです。

それを身を持って知れただけでも、今回の役目の甲斐はあったのかも

知れませんね(苦笑)。

 

今回は私の見通しの甘さもありまた「負けて」しまいましたが、

次こそは完全を目指し、今回よりもっと上手くやりたいと思います。

たとえ、次もまた負けるとしても。

 

f:id:yamadakamei:20150418234413j:plain

 

 

●今日の一言

「負け犬にも矜持がある。それは、次はもっと上手くやるということだ。

 それさえ失った時、人は本当の意味での人生の負け犬になる」

 

 「いつも失敗してきた。だから、もう一度挑戦する必要があった」(ヴェルディ

「『あなたの本の中で最高のものはどれか?』とよく聞かれる。

 その時には、次の作品ですと本気で言っている」(ドラッカー

 

 

◆関連記事(4/19追加) 

yamadakameimemo.hatenablog.com

 

 

◆補足

Facebookへの紹介文を転載

 

【方向性・生き方】負け犬の矜持。それでも完全を求め続けるということ

ブログを更新しました。今日は「戦う前に負ける」という今までにない経験をしました。どんなに入念な準備も、それを活かせる環境がなくてはどうしようもありません。今回もまた失敗しましたが、次こそは完全を目指しもっと上手くやろうと思います。