山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(苦言を鏡にする)

"的外れな"苦言を言われたら(言われたと感じたら)、相手を「苦言を言わざるを得ない状況(心境)」にしてしまった我が身の不徳を省みよう

何かが見えていなかったのかもしれないし、コミュニケーションが足りなかったのかもしれない。原因が何にせよ、1つくらいは省みる余地があるはず。

苦言を鏡にして、自らの不徳を改めよう。そうすれば、明日はきっともう少しだけ前に進める